加工業に必要な設備を準備しよう

身近な容器

ディスペンサー

みなさんは「ディスペンサー」という言葉を聞いて、すぐにどんなものが思い浮かべることができるでしょうか?あまりなじみのない言葉ですが、そのものは実はとても身近にあるものです。 「ディスペンサー」は液体を入れ、適量取り出すのに便利な容器のことです。私たちが1番身近に感じられるものとしてはシャンプーやコンディショナーの容器だと思います。押すと適量出てきて、とても使いやすいでしょう。 この「ディスペンサー」という言葉はあまり知られていないかもしれませんが、これからはどんどん知られていくだろうと思います。なぜなら今は「ディスペンサー」はシャンプーなど限られたものにしか使われていませんが、これからもっといろんな液体を入れて使うようになると思うからです。調味料や日焼け止めクリームなど、液体を適量出したいものに使えば、とても便利になると思います。

自動ディスペンサーで綺麗を保つ

ディスペンサーとは、液体を一定の量出す装置のことを指します。どの家にでも、、洗面所や浴室にディスペンサーを常備していることだと思います。手を洗うときには水で手を濡らしてからハンドソープをつけます。しかし、濡れた手であまりディスペンサーを触りたくないですよね。 そこで活躍するのがノータッチでハンドソープを出してくれる自動のディスペンサーです。手を近付けるとセンサーが反応し、ハンドソープを一定量出す仕組みになっています。誤作動が起こらないように、センサー感知時間は長く設定されていることが多いです。手を洗っている最中にハンドソープの量を足したいときなどにも利用できます。 手を綺麗にしたのにディスペンサーの不衛生さが気になってしまう潔癖症の方に一度使ってもらいたいものです。これからさらに普及していくことが予想されます。