加工業に必要な設備を準備しよう

電気計測器

現在のこの機械が使用されているもの

スペクトラムアナライザとは、電気計測器です。横軸を周波数、縦軸を電力や電圧と二次元のグラフを表示します。「スペアナ」と呼ばれることもあります。種類としては、高周波数用と低周波数用があります。効率よく相手に情報を伝えるために信号を加工して伝送します。この加工がきちんと正しく処理されているか調べることが必要なときに使います。 高周波用は、無線関係の場合の計測器です。無線器、送線器の研究・設計や検査、保守・修理する際に使います。そして、医学の場面で電界強度を測定する場合にも使われます。他にもノイズレベルを計測したり、スペクトラムアナライザのスイープに合わせて周波数を変化させる、高周波回路として使われることもあります。

スペクトラムアナライザの利用

スペクトラムアナライザは、画面がついている四角い箱でフロント部分に測定用入力端子ボタンやダイアルがあり信号を発する端子を備えています。 単純なモードでは、測定ができる範囲の周波数で最も低周波数が画面の左端から表示されまして、最高周波数が右側に位置しています。右側まで表示が進んだら消えて、また新しく表示されます。それが連続して起きます。 周波数の範囲内の調整をしないと、正しく計測できない場合もあります。 このスペクトラムアナライザを取り扱っている業者は、小野計測器やKEYSIGHTがあります。シングルアナライザと呼ばれる物や、スペクトラム・アナライザも取り扱っています。製品の検索もできますので、どうぞご利用ください。